調査・レポート | アリスト総合事務所

調査・レポート

監査等委員会設置会社への移行①

先日、以前勤めていた会社から、「監査等委員会設置会社に移行するから、その登記をして欲しい」との依頼を受けました。監査等委員会?と最初は分かりませんでしたが、いろいろと調査して、実際に監査等委員会設置会社への移行の手続をし …

不動産への投資は実物(所有権)か債権か

先日、不動産担保付債権への投資のプライシング、クロージング、抵当権移転登記まで一通りのアドバイザリー業務をしました。   不動産への投資というと土地建物の所有権を取得し、所有者:大家として賃料収入を得ることが主 …

出資、投資したお金の返還を担保する

最近増えている相談は、出資、投資したお金の返還の担保方法です。   どういう背景かというと   1 不動産を買うお金は用意できないけど、優良な物件情報をキャッチできる人が、物件情報をキャッチし、投資家 …

現代の地面師の詐欺事件

「地面師」と聞いてどのようなイメージがあるでしょうか。今年:平成27年1月に、次のようなある不動産をめぐる詐欺事件がありました。これが現代の地面師でしょう。一昔前の地面師は、法務局に行って簿冊の手書きの登記簿に細工をして …

決済時、抹消書類はどこに?

抵当権が付いている物件を買うとき、買主は抵当権の抹消がきちんとなされるか心配です。 決済現場に、債権者が抹消書類を持参して来ているであれば、その場で抹消書類を確認できるので安心ですが、すべての決済現場に債権者が来るとは限 …

着金確認の方法

不動産の売買の決済の際、買主→売主の売買代金支払いの着金確認はどのようにするのが安全でしょうか。 よくあるのが、買主→売主の口座への銀行の振込伝票(振込金受取書・振込受付書)の提示をもって、売買代金を支払ったとする例です …

オーバーローン(売買価格<抵当権の金額)物件の手付

オーバーローン(売買価格<抵当権の金額)物件を任意売却の場面で、手付金はどうするのか相談がありました。売主の信用状況は、支払を滞納し、債権者から返済を迫られていますが資力がなく、返済ができない状態です。つまり、売買契約が …

取得税、免許税の概算(評価証明書がない場合)②

次は建物の不動産取得税、登録免許税を算出してみましょう。 まずは建物の評価額を予測します。   必要な情報は   ・建物㎡数 ・築年月=経年 ・建物用途 ・構造   です。これらはいずれも登 …

取得税、免許税の概算(評価証明書がない場合)①

不動産を買うと、不動産取得税と登録免許税がかかります。購入検討時から事前に税額を知りたいですが、市区役所や税務署で発行される「固定資産税評価証明書」(評価証明)がないと計算できません。しかも評価証明は所有者でないと取れま …

差押通知書を紛失した場合の根抵当権元本確定登記

根抵当権者が、第三者による抵当不動産に対する競売手続きの開始または滞納処分による差押えがあったことを知ったときから2週間経過すると、根抵当権の元本は確定します。(民法398の20①三) つまり、金融機関が根抵当権を設定し …

Page 2 / 4123»
PAGETOP
Copyright © アリスト総合事務所 All Rights Reserved.