リスクとリターン

 

リターン

 

一般論として、「要求されるリターンは、資産あるいはプロジェクトのリスクによって決まる。」とされています。まず最初にリスクを予想し、ハイリスクが予測されるならば、それなりにアップサイドがありハイリターンでなければ取り組まない、またはリスクがないのであれば、リターンが低くてもしょうがない、ということです。つまりこの理論はリスクが分かっていないと、そのリスクに見合う上乗せ価値分:リスクプレミアムが分からず、目標利益率は出せないということになります。

それではリターン=収益率は○○%というように数字で表せますが、リスクはどのように計る、数値化するのでしょうか。そこで今回はリスクとリターンをそれぞれ数字で出す方法について言及します。

まずは逆からですが、資産のリターン=収益率の求めてみましょう。

 

【例】

1月の初日にA社の株式1株を購入。この時の株価は1株100万円。その後A社株は3月末まで表のような値動きをした。

 

 

資産としてA社の株式を例にとり、リスクとリターンを分析してみましょう。

 

この資産の平均的に期待できるリターンはいくつか。リターンは次の式で求められます。

 

1月のリターンは

= 0.1 → 0.1×10010

続いて2月のリターンは

= -0.182 → -18.2

2月中に株価が下がったので収益率は当然マイナスとなります。このように月次で見ていくと、下記の表の通りそれぞれの各月におけるA社株のパフォーマンス:リターンが分かります。

 

 

各月におけるリターンは分かったので、A社株の平均的に期待できるリターン知るため、まさに平均リターンを出してみましょう。

 = 8.4%

つまりこの資産は過去のデーターから歴史的にみて、月平均8.4%のリターンが期待できる、といえます。

リターンの計算方法は分かりました。それではリスクの計算方法はどうするのでしょうか。

 

リスクとリターン -リスクに続く





アリスト総合事務所